2007年01月23日

自費出版は文化のアーカイブだ!

船引南部の方言まとめ自費出版

福島県郡山市に住む渡辺勝美さん(72)と福島県田村市船引町の三輪晴実さん(83)はこのほど、田村市船引町南部の方言を紹介する「船引南部方言記録ノート」を自費出版した。

2冊に約2万語を収録し、総ページ数は2067ページにも及ぶ。

三輪さんが平成2年にまとめた方言集をもとに、同町で教員を務めていた渡辺さんが記録・編集した。

総説篇、語彙篇1、語彙篇2に分けて、「エーゾエ(いいですよ)」「コーシッペ(こうしようよ)」などのさまざまな言葉を、意味、用例文、発音記号で紹介している。

200冊を出版し、県中、県南地方の学校などに寄贈する予定。

2007-1-7KFB福島放送


こういう自費出版は本当に価値がありますね。私が「文化のアーカイブ」として自費出版は有効ですとうったえるのは、こういった文化は知らないうちに失われてしまうんです。本当にいい本を自費出版されたと思います。


posted by うさ at 13:32| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: