2006年10月17日

自費出版とは何だ

まず、自費出版って一口に言うけど、じゃー自費出版って何だっていうと難しい。もっと言うと出版するって行為は何だってのがよく分かんない。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると

自費出版 (じひしゅっぱん) とは
書籍をはじめとする何らかのメディアで、著者が自分で費用を出して出版することである。商業出版のように流通ルートや販売部数を確保するのが困難であるが、個人が自由にコンテンツを出版することができる。インターネットを通じて売買されることも多くなっている。趣味で作った絵本や自分史などに利用されることがある。 オンデマンド出版という言い方もされる。コミックマーケットなども大半は自費出版である。同人誌も参照。

などと書かれている。

広辞苑なんか調べてみると
じひ・しゅっぱん【自費出版】
書物を出版するのに、その費用を出版業者に負わせず、自分で負担すること。

となっている。

日本自費出版クラブという団体がありますが、ここによると
自費出版とは
著作権を有するものが、全てのリスクと内容に責任を負い、その主導権のもとに発行する出版物

と定義されている。

posted by うさ at 13:52| Comment(0) | 自費出版
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。