2007年07月24日

自費出版のニュース

自費出版の写真集って本当に最近多くなりました。

でも、こちらは本格的です。



写真で振り返る懐かしの「横浜市電」−故・写真家の個展

 有隣堂伊勢佐木町本店(横浜市中区伊勢佐木町)で23日まで、かつて市民の足として親しまれた「横浜市電」と街の風景を撮り続けた写真家、故・天野洋一さんの写真展が行われている。
 
 写真は、1904年から1972年まで運行していた横浜市電と当時の人々を、天野さんが30〜40年前に撮影したもの。横浜駅や桜木町などを背景にして火鉢にあたる老婆の後方に停留する市電や、活気ある商店街をさっそうと駆け抜ける列車などに加え、当時市電専用だった元町と本牧を結ぶ麦田トンネルの風景なども写し出されている。展示作品数は約50点。
 
 3年前に68歳で亡くなった天野さんは、横浜本牧で英国人の父と日本人の母の間に生まれる。中学生の頃から写真に興味を持ち、1958年から相模鉄道に勤務するかたわら、休みを利用して横浜を中心に鉄道写真を撮り続けていた。全日本写真展や鉄道写真コンクールなど多数の受賞歴を持ち、従来の「型」にはまらず庶民の暮らしの中にある視点で捉える写真が高い評価を得ている。
 
 2000年には、全国の鉄道を取材・撮影して写真集を出版する武相高校鉄道研究同好会の山田京一教諭との出会いがきっかけで、新旧比較の写真取材を行い写真集「懐かしの横浜市電」を出版。山田教諭は「ほとんどのカットが『一地点一枚』のシャッターで撮られたもので、その1枚にミスは存在しなかった。瞬時に頭の中でアングル構成ができていて、ベストの位置で車両を捕らえるセンスには学ぶところが多かった」と話している。
 
 7月には同展の開催に合わせ、妻の郁代さんの手で絶版となった同著を自費出版で復刻。224ページに約400枚の写真を収録し、同会による再取材も行われた。郁代さんは「普段は1人で写真を撮りに行っていたが、初詣などの際に乗った市電の写真には家族の思い出も。みんなさんにもこの写真を通じて当時を思い出してもらえれば」と話している。



自費出版を書店で売る

自費出版小説総費用

自費出版写真集総費用

自費出版絵本総費用

自費出版自分史印税はいくら?

自費出版小説書店流通

posted by うさ at 01:28| 自費出版

2007年07月17日

自費出版の時代小説

浅井家の小説8年かけ執筆 鯖江の三田村さん   

 農業の傍ら作家活動を続ける「日本海作家」同人の三田村順次郎さん(73)=本名智、鯖江市下新庄町=が、戦国武将浅井長政やお市の方ら浅井家の悲喜こもごもをテーマとした小説「浅井三代記抄 小谷城挽歌(ばんか)」を執筆、自費出版した。調査、執筆に8年の歳月を費やした原稿用紙450枚に及ぶ労作で、姉川の戦いや長政の最期など、日本史に刻まれるさまざまな場面を臨場感あふれる表現で描いている。

 三田村さんは農業の傍ら、主に農村や農業従事者をテーマにした小説をこれまでに約60編執筆。1998年には短編集「百姓讀(よみ)」で、第1回日本自費出版文化賞特別賞を受賞した。

 三田村さんの祖先が浅井家の家臣とされることから同家に興味を持ち、99年から調査を開始。関係文献をひもといたり滋賀県に通うなどしてきた。

 03年に調査を終え、いったんは記録集としてまとめようとしたが、友人から小説仕立てにするよう勧められ、以来1日1、2時間のペースで執筆してきた。話し言葉を多く取り入れたことで、姉川の戦いなどの際の長政やお市の方の苦悩、小谷城陥落の様子などが臨場感たっぷりに描かれている。

 「永正の乱」「越前朝倉と盟約」「長政と信長」「野村(姉川)合戦」など12章で構成、浅井家の家系図なども付記した。三田村さんは「精魂込めて書いた一冊。多くの人に読んでほしい」と話している。勝木書店で1200円で販売されている。


 時間をかけて作ったのですから、本になったときの喜びはひとしおだったのではないでしょうか?



ミネラルウォーター フランスで飲んだミネラルウォーター
ミネラルウォーター ミネラルウォーターを飲んでしわをのばす
posted by うさ at 04:10| 自費出版

2007年07月16日

自費出版の最近の傾向

市電走るハマの風景テーマに写真展/横浜

横浜市電を撮り続けたアマチュア写真家、故・天野洋一さん(横浜市中区)の写真展が十四日から、同区伊勢佐木町の有隣堂ギャラリーで開かれる。絶版となっていた写真集も復刻される。復刻に踏み切った妻の郁代さん(65)は「主人が撮りためた写真を形にして残したい」と、写真集として自費出版する予定だ。

今回の写真展には市電専用だった元町と本牧を結ぶ麦田トンネル、横浜駅東口で駅舎を背景に走る市電など約五十点が並ぶ。

三年前に六十八歳で亡くなった天野さんは相模鉄道に勤務する傍ら、休みを利用しては鉄道写真などを撮り歩いた。「市電はとてもよく横浜の街に似合っていた」と生前に話し、百数十カ所の電車停留場のほとんどを回って、撮った写真は約二千枚に上る。

二〇〇〇年秋に出版された写真集「懐かしの横浜市電」は、武相高校鉄道研究同好会顧問の山田京一教諭が「二十世紀に消えた市電の記録を子供たちに見せたい」と、天野さんに呼び掛けて発刊された。復刻写真集には写真展に展示される作品を含めて二百二十四ページに約四百枚のカットが掲載される。

「うまく撮れたときにはうれしそうに写真を家族に見せてくれた」と、復刻版の出版を決めた郁代さんは懐かしむ。現在でも、天野さんの写真部屋には除湿器の中に愛用のカメラが保存され、撮った写真も年代別にファイルされている。今後は撮りためていた三渓園の花々や横浜の街並みの写真集も自費出版する予定という。

市電の写真展は入場無料で、二十三日まで。ギャラリー内で復刻写真集(二千六百二十五円)も販売する。


ズームイン朝でも特集されたりと、自費出版の写真集は最近多いですね。

ミネラルウォーター ミネラルウォーターの味
ミネラルウォーター ミネラルウォーターの感想

posted by うさ at 04:29| 自費出版