2006年12月07日

自費出版してみました

わたしの友人が社会人用の専門学校に行ってまして、某出版系の専門学校でして、雑誌の企画を考えたり、記事を書いてみたりするらしいんですが、この友人が晴れて、この学校を卒業することになりました。

この学校の生徒は、それこそ多種多様な地位、年齢、背景がある人たちが集まったらしく、このまま分かれるのはもったいない。ついては、出版系の専門学校なんだからみんなで、一冊の冊子を作らないか?自費出版しないか?という話になったそうです。

つまり、みんなで何ページかずつ担当して一冊の卒業文集を作りましょうということらしい。

生徒数が100少々、講師陣と予備をあわせて130部作るそうです。

この場合は、ものすごく分かりやすいです。

まず、何のためにということが明確です。
誰のためにということも明確です。
そして、あとは予算との兼ね合いでHOWを考えればいいのです。

社会人専門学校とはいえ、自腹で冊子を作るのですから、みんな大金をはたくのは尻込みします。
そこで、私に相談がありました。

詳細につきましては、またお知らせしますが、
びっくりするほど安く上がったはずです。


なんで、自費出版って高いのか?
それは、依頼者が色々な部分が分からないからです。話が違うとか、
途中途中でころころ方針が変わってしまうのは、受注側からすると
リスクです。このリスク分も含めなくてはならないので、自費出版は一般に高くついてしまいます。

しかし、イメージが明確に出来ていれば、激安で自費出版は出来るのです。

今回、相談を受けたものは、以下のサイトを参考にしました。
はじめての自費出版




posted by うさ at 14:00| Comment(1) | 自費出版